子供のアトピー、夏場の対策

うちの小学生になる息子は夏場の暑い時期になるとよく汗でアトピーが出て、しょっちゅう肌を掻きむしっていました。

赤くなった肌が、掻くことで更にミミズ腫れになっているのを見て、なんとかしてあげたいと必死に方法を探し求めた結果辿り着いたのがミョウバン水+十円硬貨浴でした。

ミョウバンは古くは制汗スプレーの代用品ともされていて、湯上りの肌をさらっと滑らかにする効果があり同時に抗菌作用もあるので、肌に雑菌が繁殖するのも防いでくれます。

勿論、身体に害はありません。ナスの漬物の色づきをよくする為に添加されたりもします。

ミョウバン水を作るには、沸騰させたお湯500mlに大匙三杯ほどの焼きミョウバンを溶かします。

冷めたらペットボトルなどの容器に移して、使用する時は大匙一、二杯をお風呂に入れます。
これだけでもある程度の効果が期待できるのですが、一緒に十円玉浴も併用すると一層の効果があります。

こちらも方法は簡単。10円玉20~30枚ほどをよく洗って手垢を落とし、洗濯ネットなどに入れてお風呂に浸すだけです。
十円硬貨に使用されている銅には殺菌効果があり、銅もタンブラーに利用されるなど身体に無害です。

以上を試した結果、子供のアトピー症状は一週間ほどで見違えるほど改善しました。

あれだけ始終肌をボリボリかじっていたのに、殆どなくなりました。

アトピーを掻いて肌が傷つかなくなったのはよいのですが、今度はその分はしゃぎすぎて生傷を作ってこないかが心配です。

ウェブページ