子供のアレルギー対応食品は豊富!

私自身が幼少期にアレルギー持ちであったこともあり、私の子どももおそらく何らかのアレルギーがあるだろうなぁとは覚悟していました。

そして案の定、私の子どもは1歳になったときの血液検査で、卵アレルギーだとわかりました。まあ覚悟していたとは言え、正直な感想を言いますと「ごはんが大変だなぁ」と思いましたね。

アレルギー除去の食事を作らなくてはなりませんから。

けれども、昔ほどアレルギーの対応は難しくはありませんでしたね。
なぜなら、今はアレルギー除去の食事がたくさん出ていますから。

パンにはじまり、お菓子もそうですし、卵アレルギー対応のレトルト食品まであります。

また、卵アレルギー対応食品だけではなく、小麦粉の代替え食材ですとか、エビかにを使わずにエビかにの味を出しているお菓子など、本当に唸ってしまうぐらいの種類の豊富さ。はっきり言って、アレルギーへの対応もそれほど大変ではないですね。

外食時と食材を買う際に、ちょっと気をつければ良い程度です。

ちなみに私の幼少期のアレルギーは、卵だったのですが、しかし小学校に入る頃には、どうしてなのか卵アレルギーはなくなっていました。

病院の血液検査でも陽性反応が出なくなったのですよね。

ですから、子どものアレルギーに関しても、おそらおく小さい頃だけだろうなぁとは思っています。

ウェブページ